フェイスリフトでたるみ解消

傷が目立たないように仕上げることが出来る

今まで顔のリフトアップケアには、切らない治療としてレーザー機器を利用した施術や特殊な糸を利用して頬や顎のたるみを効果的に引き上げる施術が定番とされていました。
しかしレーザー機器による治療や、糸を利用したフェイスリフトの施術で得られる効果には限度があるので、この施術では満足できないという人にはきちんと手術を行って効果的に顔をリフトアップさせるフェイスリフトのお手入れが効果的だと理解しました。
実際にこの施術を受けてみたいと感じた理由の一つに、下顔面へのアプローチが行える点にあり、首周りなどたるみが原因で起こっていた目立つシワなども改善することが出来るので、たるみの根本的な悩みを解消出来る点が魅力的に感じたからです。
年齢を重ねるとどうしても骨や筋肉が萎縮してしまい、皮下脂肪の減少によって生じるほうれい線やシワがあらわれやすくなります。
ただこういった症状を改善する従来の治療は、顔の中顔面のカバーしか行えないデメリットがありました。
しかしフェイスリフトであれば従来の治療では行えなかった下顔面のリフトアップをはじめ、中顔面にもアプローチ出来るので、美容整形外科でカウンセリングを行った上で施術を受けることにしたのです。
実際に受けた施術はスタンダードSMAS弁法で、基本的なSMAS弁を牽引することで下顔面をリフトアップすることが出来ます。
この施術の特徴の一つが耳の付け根の前と後ろにそって皮膚を切開するのですが、傷が目立たないように仕上げることが出来る点です。

トラブルを根本的に解消することが出来るメリット / 傷が目立たないように仕上げることが出来る / 治療実績が多く信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう