フェイスリフトでたるみ解消

治療実績が多く信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう

最初フェイスリフトの手術を受ける際に、きちんとたるみが改善しても傷跡が目立ってしまっては意味がないと感じていたのですが、カウンセリングの際に医師から傷跡は目立たないように手術を行うことや、引き上げて余剰となった皮膚を切離を行うなど、皮膚縫合を丁寧におこなってくれたので、ダウンタイムが終えた頃にはほとんど傷口は目立たず安心しました。
糸を利用してリフトアップする方法や、レーザー機器を利用して肌内部にコラーゲン造成などを行う治療方法よりも、確実に顔の引き上げ効果を実感することが出来たことや、何より効果が長期間持続するので若々しいフェイスラインを維持することが出来る点に満足しています。
ただこの手術を受けると痛みや腫れといったダウンタイムの症状が必ず出てしまうので、腫れのピークとなる2週間程度は自宅でゆっくり安静にしていうことが重要です。
そのため長期間の休養が取れる人ではないと、気軽に受けることが出来ない点がデメリットだなと感じました。
しかし医療機関からは痛み止めの薬も処方してもらえますし、1ヶ月程度で腫れはほとんど目立たなくなり、最終的に3ヶ月ほどで安定するのできちんと美容効果を得体人にとっては魅力的な施術方法だと思います。
大掛かりな手術となるので、治療実績が多く信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう。

トラブルを根本的に解消することが出来るメリット / 傷が目立たないように仕上げることが出来る / 治療実績が多く信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう